ずきしらずの実 通販

にがりの塩化マグネシウムが体のリズムを整える!

辛い頭痛の症状を緩和したいという場合、ずきしらずの実というサプリメントを利用してみると良いでしょう。

 

 

サプリメントで本当に効果があるのか疑問に感じている人もいるかもしれません。

 

 

しかし、このサプリメントは口コミでも評判が良いですし、1ヶ月程度試したら効果を実感できたという人が多いです。

 

 

ずきしらずの実を飲んでいる場合、偏頭痛が起こりそうな予感がしても偏頭痛にならないということもあります。

 

 

また、結果として偏頭痛が起こってしまっても痛みが弱くなるでしょう。

 

 

ずきしらずの実は薬ではなくあくまで健康食品です。

 

 

このサプリメントの主成分は夏白菊や塩化マグネシウム、イタドリとなっています。また、サプリメントの形状や味をサポートするための成分も配合されています。

 

 

夏白菊はキク科の植物でハーブの一種となっており、偏頭痛の予防に効果的な成分として知られています。

 

 

また、古くから炎症を抑える薬としても使われてきました。夏白菊に含まれる成分には炎症の原因物質の働きを抑制する効果があるとされています。そのため辛い炎症を止めることができますし、偏頭痛の予防に役立つでしょう。

 

 

マグネシウムも偏頭痛への予防効果が認められている成分の一つです。マグネシウムには脳神経の興奮を抑え、脳の血管が急激に拡張しないようにコントロールする効果があります。

 

 

また、脳の血管の収縮に作用するセロトニンの生成をサポートするという働きも持っています。

 

 

もともと偏頭痛の人はマグネシウムが不足していると言われており、健康のためにはきちんと摂取した方が良いと言えるでしょう。

 

 

マグネシウムは海藻や魚介類などに多く含まれています。和食中心の食生活をしていればきちんと摂取できることもありますが、普段の食事だけで十分な量を補うのは難しいでしょう。そのためサプリメントで補った方が良いのです。

 

 

イタドリは北海道に生息する多年草であり、昔から健康効果があるとして重宝されてきた植物です。

 

 

鎮痛効果や抗炎症作用があるため、偏頭痛の緩和に役立つと言えるでしょう。

 

 

ずきしらずの実は安全性の高いサプリメントであり、副作用のリスクはほとんどありません。しかし、妊娠中の人や授乳中の人、子供などは飲むのを控えた方が良いでしょう。

 

 

ずきしらずの実に配合されている夏白菊には子宮を収縮させる作用があるため、妊婦は特に注意が必要です。

 

 

サプリメントなので基本的には他の薬と併用することができます。しかし、抗凝固作用や抗血小板作用がある薬との併用には注意しましょう。

 

 

配合されている夏白菊にも抗血小板作用があるため、同じ効果を持った薬と併用した場合、薬の作用を強めてしまうと言われています。

 

3カ月毎の定期コースなら、15%オフ価格。

頭がずきずきしたり重い感じがすると薬に頼りたくなりますが、利用する頻度が多くなると胃の粘膜が荒れてしまったり体がだるくなるといった副作用が出る可能性があるので、なるべくなら使用を控えたいものです。

 

 

ずきしらずの実はずきずき等の不快な状態を和らげるために開発されていて、植物成分が中心になっていて体にやさしいサプリメントです。

 

 

ずきしらずの実で使用しているフィーバーフューは夏白菊とも呼ばれていて、痛みを和らげたい時に役立てられてきたハーブになります。

 

 

この植物に含まれているパルテノライドには、過剰に分泌すると痛みを引き起こすと言われているセロトニンとプロスタグランジンを抑える効果があり、片頭痛や関節痛の緩和に利用されています。

 

 

頭痛は血管の拡張や収縮が原因の一つと考えられているのですが、血管を適度な状態に調節する効果があるのがマグネシウムです。

 

 

マグネシウム等のミネラルは神経や筋肉の動きを正常化する働きがあるため、興奮状態になった神経を鎮静して痛みのない状態へと近づけてくれます。

 

 

ずきしらずの実で使用しているのは、豆腐を作る時にも使われているにがりです。にがりには塩化マグネシウムが含まれているため片頭痛対策に最適な食品です。

 

 

ずきしらずの実はオオイタドリという植物も使用していて、この植物が自生している北海道や東北では若芽を天ぷらやおひたしにして食べることがあります。

 

 

オオイタドリは痛みを和らげ炎症を鎮める効果が期待でき、ポリフェノールの仲間であるレスベラトロールが含まれていて細胞の酸化防止に利用されています。

 

 

このようにずきしらずの実は自然の素材を使用したサプリメントなので、痛みが発生した時に飲むのではなく継続的に飲んでおいて痛みを遠ざけるという使い方になります。

 

 

1日の使用目安は5粒となり薬ではないため飲むタイミングは自由ですが、食後に飲んだり毎朝飲むといったように飲む時間帯を決めておくと飲み忘れ防止になるので効果的な使い方ができます。

 

 

鎮痛剤ではないので即効性はありませんが、飲み続けることでサプリメントに含まれているマグネシウム等の成分が浸透していくため、不快な状態を未然に防ぐことにつながります。

 

 

ハーブの効果で痛みを和らげていくので、使用方法や保存の方法等の疑問が湧いてくるかもしれませんが、効果的な飲み方を知りたい時や体に関する悩みは専用フォームまたは電話で相談できるので、購入後のサポート体制も万全です。

 

>>ずきしらずの実 公式通販ショップはこちら<<