オオイタドリ サプリメント

重たい感じを軽減する、オオイタドリも配合!

突然襲ってくる頭痛は、日常生活を送るときの負担になってしまいます。

 

 

偏頭痛の原因は様々なものがあり、温度差や天候、ホルモンバランスなどが挙げられます。

 

 

市販の頭痛薬などが効きにくく、安静にするしか対処方法がないと思っている人も多いと思います。

 

 

そんな時にオススメなのが頭痛サプリメントである「ずきしらずの実」です。

 

 

ずきしらずの実に配合されている成分は、偏頭痛の軽減に役立つとされる成分が3種類含まれています。

 

 

オオイタドリは、漢字で「大痛取」とかくほど痛みを伴う症状を改善するとして昔から利用されてきた植物です。

 

 

オオイタドリに含まれる「レスベラトロール」という成分は、痛みそのものに直接働きかけて痛みを緩和する効果があります。

 

 

鎮痛以外にも、抗炎症や高エネルギー作用があり、頭痛だけではなく関節痛などの痛みに対しても効果があることがわかっています。

 

 

フィーバーフューは昔から伝統医療で利用されてきたハーブになります。古代ギリシャ時代から、頭痛や発熱などを改善するのに利用されてきた植物です。

 

 

フィーバーフューの偏頭痛に効果があるのは、「パルテノライド」と呼ばれる物質だと考えられています。

 

 

パルテノライドは、セロトニンの放出を抑える働きがあります。

 

 

セロトニンは脳の細胞と血管に働きかけて血管を収縮させる働きがありますが、セロトニンが過剰に分泌されてしまうと血管を収縮させすぎてしまい頭痛の引き金になります。

 

 

他にも、抗炎症作用や抗血栓作用、抗エネルギー作用があります。

 

 

マグネシウムも頭痛には効果的な成分です。ストレスを感じるとマグネシウムは減っていってしまいます。

 

 

不足した段階で頭痛を感じることは多いですが、マグネシウムをサプリメントで効率的に補うことによって頭痛を軽減することにつながります。

 

 

このような成分が含まれることによって、ずきしらずの実は効果的に頭痛を軽減することができます。

 

 

効果がないと感じる場合には、偏頭痛ではなく別の頭痛である可能性が高いと考えられます。

 

 

特に多いのが、肩こりや首こり、冷え性で血行が悪いという人がなりやすい緊張型頭痛です。

 

 

偏頭痛は急に血行が良くなることで引き起こされる症状で、緊張型頭痛は逆に血行が悪いことで起こる頭痛になります。

 

 

そのため冷やしたり、温めたりすることで見分けることができます。

 

 

頭痛に悩まされているという場合には、自分の頭痛のタイプを知ってからサプリメントを利用することが大切です。

 

初めてのお客さまには安心の返金保証付き!

偏頭痛の悩みは、頭痛持ちの人にしか分かりません。

 

 

ズキズキと脈を打つように痛んだりガンガンと痛んだり、ちょっとしたきっかけで始まります。

 

 

酷くなると人によっては吐き気なども伴います。

 

 

その度に痛み止めを飲むのは気が引けるけれど、頭痛の痛みはなかなか我慢ができないものです。

 

 

そんな時には予防医学に基づいて、予め痛みを回避できるサプリメントが、ずきしらずの実です。

 

 

このサプリメントは「北の快適工房」という公式サイトのみで販売をされています。

 

 

何度もモニター調査を繰り返し行い類似商品との比較を何度も重ねて作られています。

 

 

実感できないものは売らないというポリシーを持っています。

 

 

それゆえに飲んだ人の90パーセントが効果を実感しているのです。

 

 

「北の快適工房」は健康管理士の資格を持っている社長が、本気で偏頭痛に悩む人を救いたいという気持ちから生まれた会社です。

 

 

痛みが出てから薬を飲むのを繰り返していると、体には大きな負担がかかります。

 

 

極力体に優しい原料で、尚且つしっかりと偏頭痛を抑えたいと考えたこのサプリメントには自然に近い成分の夏白菊や、にがりが含まれています。

 

 

夏白菊は、解熱効果や消炎効果があるといわれているハーブです。

 

 

にがりは、マグネシウムの補給によりストレスによって消費された成分を補い体のバランスを整えてくれます。

 

 

また大痛取りと呼ばれる植物はアイヌ民族が痛み止めとして使用してきた植物である和漢を使用して、痛みを取り除きます。

 

 

これらは、ハーブであるため薬品のように副作用はありませんが、妊婦さんや抗血液凝固剤などを服用している方は避けた方が良いでしょう。

 

 

実際の効果ですが早い人では、1週間ほどで痛みから解放される人もいます。

 

 

薬で一時的に痛みを抑えるのではない為、体質改善を目的としているのです。

 

 

普段から、偏頭痛持ちの人は頭痛の起こる前兆があったりいつも同じような時間に痛んだりすることが多いようです。

 

 

そのため、予め早めに服用をします。

 

 

偏頭痛が起こってから飲むのではなく、起こらないように有効成分を補給しておくという考えです。

 

 

今の痛みだけを取るために、将来的に肝臓への負担などを増やす事は出来れば避けたいものです。

 

 

痛み止めの薬は、確かに即効性はありますが体質そのものは治せないので、薬が切れればまた痛み出します。

 

 

しかし、ずきしらずの実を飲んで、痛みを引き起こさない状態にしておく事で、薬による副作用のリスクが減らせるのは理想的です。

 

>>ずきしらずの実 公式通販ショップはこちら<<