頭ガンガンする

重たくイヤなあの“ガンガン”を解消!「ずきしらずの実」

突然やってくる独特の重たくてイヤな感じ……。そして、その後に襲ってくる「ガンガン」とした痛み……。

 

 

そんな不快な症状を予防・緩和してくれるのが「ずきしらずの実」です。

 

 

こちらの製品を試した方の実に90%以上が、「そもそもの回数が減ったように感じる」「イヤな感じが来ても以前のような重さを感じない」と答えています。

 

 

症状が現れてしまってから対処をする市販薬に対し、「ずきしらずの実」はイヤな感じがした時に飲むことで、不快な重さや痛みが本格化する前にそれを鎮めたり、緩和したりすることができるのです。

 

症状を抑える・やわらげる3種類の成分を配合

「ずきしらずの実」は、どんな時に不快な症状が襲ってくるのかを、徹底的に研究して作られました。

 

 

その結果、多くの方が「体のリズムが“どくん、どくん”と激しくなると不快感が襲ってくる」と感じていることが分かりました。

 

 

そこで、「ずきしらずの実」では次の3種類の成分を配合することで、本格的に悪化する前に症状を抑える・やわらげることに成功したのです。

 

 

夏白菊(フィーバーフュー)

キク科ヨモギキク属の多年草である夏白菊は、欧米で古くから偏頭痛やリウマチに効果のあるハーブとして用いられてきた植物です。

 

 

夏白菊にはパルテノライドという成分が含まれています。この成分には「脳内の血流を改善する」「セロトニンの減少を抑制する」などの働きがあり、それらの作用によって偏頭痛やリウマチの症状が抑えられると考えられています。

 

 

こちらのサプリメントは、夏白菊を配合することで、体のリズムが激しくなるのを防ぎます。

 

 

にがり

豆腐づくりに欠かせないにがり。にがりの主成分・塩化マグネシウムには、頭痛を緩和する効果があります。

 

 

マグネシウムには「血管を収縮・拡張させて血圧の上げ下げを調整する」「血管の緊張を和らげる」などの働きがあります。

 

 

つまり、体内でマグネシウムが不足すると、血圧の調整や血管の緊張緩和が上手くいかなくなり、頭痛を発症しやすくなってしまうのです。

 

 

こちらのサプリメントに配合されたにがり成分が、体のリズムを鎮静化させます。

 

 

オオイタドリ(大痛取)

北海道の先住民族・アイヌ民族の人々に、古くから和漢として活用されてきたオオイタドリ。

 

 

現在でも若芽は食用として利用されており、油炒め・和え物・酢の物・サラダなど、さまざまな料理に使われています。

 

 

「虎杖根」と呼ばれる根茎の部分には、鎮痛・抗炎症・抗アレルギー効果があるとされています。

 

 

こちらのサプリメントにはオオイタドリの成分も配合されており、夏白菊・にがりと共に不快症状を緩和する役割を果たしています。

>>ずきしらずの実 公式通販ショップはこちら<<